よくあるご質問-神戸の海洋散骨は国交省届出正規店の当社におまかせください。

海洋散骨に関するお問い合わせはこちら
 

よくあるご質問

下記はよくあるご質問です。ご不明点やご質問はお気軽にお電話でご質問ください
Q1 散骨はいつすれば良いのですか?
散骨する時期については、特に決まりはございません。
火葬後すぐに散骨される方もおられますし、四十九日過ぎてから、
一周忌後、記念日など様々です。
何年もご自宅に安置してあったご遺骨を散骨なさる方もいらっしゃいます。
Q2 一部だけでも散骨出来ますか?
はい、出来ます。すべて散骨される方、一部を散骨し残りはお墓へという方、散骨して、一部を手元供養なさる方もいらっしゃいます。
Q3 海洋汚染にはなりますか?
遺骨の主成分はリン酸カルシウムですので、環境破壊につながる事はございません。
又、粉骨をして2mm以下にしてから水溶性の袋に入れて散骨します。
環境汚染にならないよう細心の注意をしながら散骨いたします。
Q4 散骨する際に遺品も一緒に海へ流すことは出来ますか?
環境汚染の問題により副葬品は流すことは出来ません。
ただし、自然に還るものであれば可能な場合もございますのでご相談ください。
Q5 遺骨をお墓に埋葬してあるのですが、散骨することは出来ますか?
すでにお墓へ納骨されている場合は、遺骨を別のお墓に移動させる時にしなければならない手続き「改葬手続き」が必要になります。この場合、お墓の管理事務所にて使用証明書を発行してもらい、お墓のある地域の役場で「改葬許可申請」をして「改葬許可証」の交付を受けます。
その際、散骨する、自宅にお祀りする、などの理由として改葬受入先の証明を不要にします。
改葬許可証が発行されましたら、お墓の管理事務所へ提示して手続きは完了になります。
※ 霊園および寺院によっては散骨の場合は改葬申請は 必要ないという場合もあります。
  事前にご確認下さい。
Q6 遺骨の粉骨だけは出来ますか?
はい、出来ます。
粉骨代 ¥20.000と、別途受け渡しに係る実費費用をご負担いただきます。
Q7 お参りはどうすればいいですか?
お墓がないからといってお墓参りが出来ないということはありません。
ご自宅のお仏壇でお祈り・お参りなさったり、海の見える場所まで行って手を合わすというのも良いと思います。
または、散骨したポイントまで行ってお参りする事も出来ます。
※散骨した際に正確な緯度、経度を記した散骨証明書を発行致しますので、何年経っても同じ場所でお参り出来ます。
Q8 船酔いが心配なんですが、気をつける事はありますか?
お船酔いに心配のある方は充分な睡眠を取り、前日には深酒せず、乗船時の空腹、満腹はさけた方が良いでしょう。
心配な方は30分前に酔い止めの薬を服用することをおすすめします。
乗船中は遠くを見ていると船酔いしづらいと思います。
Q9 散骨の所要時間はどれくらいですか?
出航から帰航まで約90分から120分です。
Q10 散骨当日、雨が降ったらどうなりますか?
雨天でも出航しますが、風速10メートル、波高1.0メートル以上になりますと、欠航になります。 気象予報で当日の朝には判りますので、その際にはご連絡いたします。 また、使用船舶の故障、官公署の命令又は要求などの理由により欠航となる場合でも、原則として、遅くとも出航時間の3時間前までには申込者の御連絡先にご連絡いたします。
Q11 欠航となった場合はどうなりますか?
他の空いている日にお振替をいたしますのでご相談ください。
Q12 雨天でも散骨はできるのですか?
使用する船舶には屋根がございますので散骨は可能です。風を伴わない雨の場合は、海況は穏やかなケースが多いのでご安心ください。
Q13 当日はどのような服装で行けばよいですか?
喪服の着用は避け、平服でお越しください。また、ヒールの高い靴などは危険ですので動きやすい靴をお勧めいたします。
Q14 急きょ、乗船人数が変更になってしまったのですが・・・
チャーター散骨は、人数によって料金が変わることはありませんが、分かった時点でご連絡をお願いいたします。
Q15 当日、遅れてくる人がいたら?
航行予定が定められておりますので、船は定刻に出航いたします。 くれぐれも遅刻の無いようにお願いいたします。
Q16 子供が乗船する際の注意事項はありますか?
とくに小さいお子様が乗船される際は、保護者の方はお子様から絶対に目を離さないようにお願いいたします。 未就学児のお子様がスカイデッキに出る際には、ライフジャケットの着用をお願いしております。
Q17 タバコを吸うことはできますか?
船内は禁煙となっております。スカイデッキおよび後部デッキに灰皿を設置しておりますので、喫煙はデッキにてお願いいたします。タバコの灰や吸い殻を海に捨てることは、ご遠慮ください。
Q18 冬の時期の散骨は寒くありませんか?
船内には暖房設備が整っておりますので、快適にお過ごしいただけます。
Q19 用意されているお花の量はどれぐらいですか?別に持っていった方がよいですか?
参列者おひとりおひとりが撒くのに十分な量の花びらをご用意しております。故人が好きだったお花や花束をご持参いただいても結構ですが、セロファンなどの包装紙は自然に還らないため、外させていただきます。
Q20 献花のほかに、献酒をしたいと思っていますが・・・
故人が好きだったお酒や飲料などをお持ちいただいて、献花に先立ちお清めいただくことができます。ワインをお持ちいただく場合、赤ワインは船体に色素が付着いたしますので御遠慮いただいております。
Q21 その他、ご遺骨と一緒に撒いてもよいものを教えてください
故人へのメッセージを記したお手紙、故人が好きだった食べ物など、自然に還るものを節度のある範囲でお持ちください。詳しくは事前あるいは当日スタッフまでご相談ください。
Q22 宗教者(僧侶、牧師など)が同乗してもよいのでしょうか?
散骨には、宗教・宗派・しきたりなどの制約はございませんので、ご希望の宗教者にご同乗いただいて結構です。また、弊社でもご縁があり海洋散骨に理解を示されている各宗派の僧侶・宗教者をご紹介することも可能です。詳細は事前にご相談ください。
Q23 散骨は、故人が亡くなってからどれくらいの時期におこなうものですか?
散骨の時期については、納骨と同様、いつでなければならないという決まりや法律はございません。仏式では四十九日の法要の後に納骨をするのが一般的ですが、火葬後すぐに納骨(あるいは散骨)をされる方もいらっしゃいますし、何年もご自宅に安置して手放せなかったご遺骨をわたしたちのところに託す方もいらっしゃいます。
Q24 遺骨の受け渡し方法について教えて下さい
ご都合のよい日時に当社までご持参くださいませ。
※お引き取りの場合、出張費がかかります。
(関西エリアは12,000円になります。それ以外のエリアは別途ご相談を承ります。)
また、ゆうパックによるご郵送も受け付けております。詳しくはご相談ください。
Q25 散骨をするのに、どこかへ届出が必要なのですか?
現在のところ、散骨をするのに役所への届出や手続きは特に必要ございません。ただし、墓地に埋葬されているご遺骨を散骨する場合には、所管の市長村から「改葬許可証」を取得していただいております。
葬儀散骨費用保険
海洋散骨 海の自然葬へのお問い合わせ
Copyright© 2015 KAIKO All Rights Reserved.